印西な生活

元祖住みよさ日本一の千葉県印西市を紹介

印西市の輝かしい歴史

原始時代

1954年印西町開闢、北総の地に印西が爆誕する。
1966年白井町、船橋市、印西町が三位一体となり、北総の地に人口30万人を想定したニュータウン構想が計画される。

暗黒時代

1967年千葉ニュータウン着工。
1979年北総鉄道が白井町と船橋市まで開業する。現在の千葉ニュータウンの西半分から入居受付が開始され、首都圏で住まいを求める人々が集まり始める。
1984年北総鉄道が印西町まで延伸、千葉ニュータウン中央駅が開業する。いよいよ、印西町の千葉ニュータウンの入居受付が開始される。
1991年北総鉄道が都心への直通運行を開始する。利便性の向上にともない、千葉ニュータウンが首都圏の一大ベットタウンとして注目を集め始める。しかし、直後にバブル経済が崩壊。印西町に暗雲が垂れ込め始める。
1994年印旛日医大病院(日本医科大学千葉北総病院)が開院する。
1995年北総鉄道が印西市内で延伸され、印西牧の原駅が開業する。牧の原エリアの入居受付が開始される。

黎明時代

1996年印西町が市制移行、印西市が爆誕する。
2000年北総鉄道がさらに延伸され、印旛日本医大駅が開業する。千葉ニュータウン最東端エリアの開発が始まる。千葉ニュータウン中央駅前にはイオンモールが開店した。
2002年ジョイフル本田千葉ニュータウン店が開店する。
2007年印西のランドマーク的商業施設のBIGHOPが開業する。大観覧車そらっぱより高い建築物はなかった。
2010年印西市が本埜村と印旛村を吸収合併、現在のような”ひよこ饅頭”を押し潰したような形になる。さらに、成田スカイアクセスが開業、北総線と成田空港が直結され、スカイライナーの運行区間となる。印西市大躍進の年となるも東日本大震災に見舞われ、市内で震度6弱の揺れを観測する。非常に緊迫した年となる。
2012年東洋経済住みよさランキングで全国一位の座を獲得する。しかし、印西市民は誰一人として関心を寄せなかった。

黄金時代(前期)

2013年東洋経済住みよさランキングで全国一位の座を再び獲得する。何かの間違いではないのかと、東洋経済新報社に心配の声が寄せられる。
2014年東洋経済住みよさランキングで全国一位の座を三度獲得する。印西市に対する皮肉なのかと困惑の声が囁かれ始める。所ジョージの某テレビ番組で印西市が取り上げられはじめ、全国のその名が知れ渡り始めるも、特異な字面をした自治体名から、ネット上ではインドにある街、西インド市と嘲笑される始末であった。
2015年東洋経済住みよさランキングで全国一位の座を四度獲得する。ここら辺から、印西市民の間で「本当に住みよいんじゃね?」的な噂話が流れ始める。

黄金時代(後期)

2016年東洋経済住みよさランキングで全国一位の座を五度獲得する。ええ、マジかよ!!的な状態になる。一部の印西市民がこれに呼応して立ち上がり始める。市制移行20周年の節目とも重なり、市内の各地で様々なイベントが企画される。しかし、印西花火大会が失敗に終わる等の不祥事も起きる。
2017年東洋経済住みよさランキングで全国一位の座を六度獲得する。全印西市民が感動と感激を覚えた(たぶん)。しかし、都市化が進むと同時に、平和だった印西市も、徐々に物騒な事件が目立ち始める。
2018年東洋経済すみよさランキングで全国一位の座を七度獲得する。さらに、印西市の人口が10万人突破する等、市内のあちらこちらでピンクの旗がなびき、戦勝祝賀ムードに包まれる。同年には「インドじゃないよ印西市」なる自治体プロモーションビデオが制作され、全国の印西市の名を轟かせた。まさに絶頂期となった。

斜陽時代

2019年東洋経済住みよさランキングで異変が発生する。印西市が14位に転落する事態が発生する。多くの印西市民が落胆する。しかし、印西バランスなるサイケデリックな音楽と合わせて踊るダンスが考案され、多くの市民がこれで元気を出す。
2020年だがしかし、東洋経済住みよさランキングで32位まで急落する。これだけ急激に下落した自治体もなく、印西市は「下り最速伝説」で作ってしまった。新型コロナウイルス流行による経済停滞とも重なり、再び、印西市に暗雲が垂れ込め始めている。
最終更新日:2020年8月1日

関連記事

  • 千葉県印西市とは?

    投稿日 2020年6月29日 / 更新日 2020年8月1日
    みなさん、印西市と言う街をご存知ですか? インドにある市ではありません。日本のノースダコタ州と揶揄される千葉県にある自治体です。印西市は千葉県の北西部に位置する人口10万人少々の市です。地図を見てみると分かりますが、東京 […]