ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2019年2月3日

自治体ランキングへの影響は!?気になる統計不正問題

更新日:2019年2月3日

辟易している人も多いんじゃないかと思います(´・ω・`)

厚労省の不正統計が大きな問題として今も各方面で紛糾、影響を及ぼしております。

担当者が勝手に集計手法を変えて、精度の疑わしい統計データを作成…結果として、雇用保険や労災保険の給付業務も不適切なものとなり、受け取れるべき給付金が少なく見積もられる等、何らかの不利益を被った人は多く出ていると指摘されています。

消えた年金問題もそうなんですが、薬害エイズ事件をはじめ、昔から絶えず不祥事を起こし続けているイメージが拭えません。文科省もそうですが、なんか組織がえらい巨大過ぎるのも問題のような気がします。

もはや、厚労省という組織は…

絶えず業界トップランナーであり続けネタの尽き果てない不祥事の遊園地

と言っても良いでしょう。

今回問題となっているのは、毎月勤労統計など労働関係の統計データに限定されているようですが…東洋経済住みよさランキングでも、医療機関の病床数や介護関連の従業員数など、厚労省の統計データが使用されております。だから、なんだかとっても強い不安感を覚えさせられます。

事件…と言ったら大げさかもしれませんが、統計データはすべての物事を決める上で要となる大切なものです。統計手法の勝手な変更は事実上の改ざん行為ですから、問題ではなく事件と呼んでもいいと思います。やってしまった担当者は今どんな心境かわかりかねますが、民間ならクビどころか損害賠償の対象にすらなり得る話です。

しかし、なんでまた勝手に変更したのか…

歳出を抑えたい意図からデータを捏ねくり回して鉛筆なめなめ

してしまったのでしょうか。

どうやら、この国の一部機関では、統計データに願望や怨念を封印する作業を行っている謎なお役人様がいるようです。現状、住みよさランキングをはじめとする自治体関連の統計に直接的な悪影響はないようですが、依然として終息する目途のつかない状況だけあり、別の問題が追加露見、事態が拡大化しても不思議ではありません。

そうなると、信頼の公的統計データでの算出を売りにしている東洋経済住みよさランキングへの影響も皆無と言えなくなるでしょう。千葉県印西市だけでなく、日本各地で町おこしを真剣に考え、躍起になっている方々の気持ちを思うと、なんだか少しばかり怒りのようなものを覚えます。

いずれによせ、この問題は当面の間、強く注視すべきものだと言えます。

思えば…太古の日本、平安時代では祈祷師や陰陽師は立派な官職、公務員でした。こういった方々が裏で政治や行政を動かしていたとも言われています。そもそも、占いなんか政策を決める際に使うものでしたしね。当時は、現代のような統計業務は行われておりませんから、こういった方々の発言内容がその代わりとなるものでした。

南海トラフくるくる信者もそうなんですが、科学的かつ客観的にデータと向き合えないような人は、ほとんど占い師と変わりないと思います。

そろばん教室の子に業務委託した方がマシだろう(´・ω・`)

印西太郎