ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2019年7月13日

インザイール料理

更新日:2019年12月9日

今日はわが郷土料理の作り方を紹介します(´・ω・`)

念のため、最初に言っておきますが、すべて自己責任でお願いします。

何があっても責任は取れません。

  • とりあえず麩を水で戻します。
  • 麩を水で戻したら、よく絞って水気を取り、適当なサイズにカットします。
  • 適当な鍋に入れて、醤油、みりん、日本酒を適当に加え、お好みで生姜も適当に加え混ぜます。
  • 10分くらい放置しましょう。煮込みたい気分になったら火にかけても構いません。
  • 小麦粉と片栗粉を混ぜた白い粉でまぶして、170~180℃の中火の揚げ油にぶち込みます。
  • 揚がって来たなと信じたら引き上げます。大きさにもよると思いますが、だいたい3~4分くらい。
  • 今度は、フライパンに少量の水と砂糖を入れ煮立たせ、味噌とピーナッツを入れて炒めます。
  • フライパンで炒めた味噌ピーソースに練り辛子をたくさん入れて混ぜます。
  • 揚げた麩の唐揚げをフライパンに入れ、味噌ピーソースと絡めます。

これで辛子煮子麩の完成です。

本当にそんなものがあるのかどうかと言ったツッコミもなしでお願いします。少なくとも、自分は美味しいと思っています。好みで白ゴマなんかを振りかけて食べると良いでしょう。経絡秘孔を突かれ、ズタズタに破裂して印西市のような形になったひよこ饅頭「百裂拳ひよこ饅頭」も市内のどこかで好評販売中です。

印西太郎
前の投稿
次の投稿

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。あまり間に受けないで下さい。

※旧URL・ドメインは転送が行われるよう今後も維持・管理して行きます。