ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2019年10月13日

成田線沿線に襲い来る大いなる試練

更新日:2019年12月9日

昨晩は緊張の連続でした(´・ω・`)

このため、暴風警報が解除された途端、緊張から一気に解かれ…

そのまま倒れるように眠り込んでしまいました。千葉県北西部は、雨と言うよりは風が強かった感じで、これまでに経験したことのない猛烈な風が吹き荒れました。その強い風の影響からか、千葉県では現在も多くの家が停電中です。被害規模は甚大だったと言えるでしょう。

家の状況が気になっておりましたので、朝、目が覚めるとすぐに家の外観を見て回りました。突然、バキバキと変な音が鳴り響いたので、何かがやられたとは思っていましたが…やはり、壁と雨どいの一部が破損していました。とりあえず、今日、工務店に来てもらい今度修繕予定です。

とにかく風は強かった…

千葉県民から見た今回の台風は、そんな印象する感じのものでした。実際、テレビを見ると、長野県はじめ関東奥地での豪雨被害が酷く、台風19号の左半分は雨、右半分は風が強かったのかなぁと思っていました。しかし、時が経つにつれて様子がおかしくなって来ました。

上流で降った雨の水が…

関東平野下流域を目がけて時間差攻撃をしかけて来ました

19:00頃にスマホの緊急速報メール(レベル4)が鳴り驚いた方も多いと思います。茨城県稲敷市付近の利根川で氾濫危険水位にまで到達しました。

現在、印西市でも利根川の氾濫に備え、市内の各所にて避難所を開設中ですが、稲敷市に限らず、千葉茨城両県境となる利根川全域で氾濫の危険が増しています。印西市が発行しているハザードマップで、水害危険地域に指定されている場所にお住まいの方は、テレビ等の報道に注視して、今後の動きに警戒しましょう。

ようやく嵐が過ぎ去ったと思いきや…

これから今晩、成田線沿線住人は緊張の時を迎えることになりそうです。これ以上、利根川の水位が上がらない事を祈るばかりですが、各自落ち着いて行動しましょう。

これを書いている間にも、成田市や香取市などでも避難勧告が出たようです。

なお、SNSの一部で利根川決壊とのデマ情報が流れているようです。現在は氾濫警戒です。ただし、すでに堤防を乗り越えはじめたところもあるようです。

情報に振り回されないよう注意しましょう(´・ω・`)

印西太郎
前の投稿
次の投稿

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。あまり間に受けないで下さい。

※旧URL・ドメインは転送が行われるよう今後も維持・管理して行きます。