ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2018年5月18日

印西市民のお買い物生活

更新日:2020年1月13日

全国から注目を集める印西市(´・ω・`)

一口に住み良いと言われましても、いろいろあります。住む人によってライフスタイルや条件は違いますので、その理由は様々なものとなります。しかし、印西市民が口を揃えて自信を持って言える点は…

印西市では買えない物はない

と断言しても良いくらい、えらい商業施設が充実しています。

10万人程度の人口しかない小規模自治体であるにも関わらず、イオンモールやBIGHOPをはじめとする大型ショッピングモールが多数存在します。ホームセンターにしてもジョイフル本田、カインズホーム、島忠、ニトリと言った首都圏ではなじみのあるホムセン界の四天王がしのぎを削っています。

また、北総線と並行するように国道464号線(通称、千葉北道路)が市内を走っております。沿線には巨大な駐車場を完備した家電量販店やドラッグストア、カー用品店、大型スポーツ用品店、各種飲食店が軒を連ね、ついつい看板に目を取られがちになります。

もちろん、ユニクロとしまむらもあります。

印西市では存在しないお店を探す方が難しい

と言っても過言ではありません。全国的に知られた有名企業の店舗ならば、印西市にほぼ進出しています。

その中で一際目立っている存在がジョイフル本田です。

印西市にある他のどの店よりも比較にならないほど大きく、たくさん人も働いておりますので、印西市の雇用促進にも大きな貢献を果たしています。自分の身近にも、ジョイフル本田で働いている知人が何人もいます。この店がなければ、今の印西市はなかったでしょう。こうして見ると、印西市は買い物面では何でも尽くしに思えて来ます。でも、注意点があります。

最近では、深夜の遅い時間帯までやっているスーパーはできましたが…

閉店時間は都会と比べて早めの傾向

にあります。

夜の8時を過ぎるとバタバタとシャッターを閉め始めます。

ジョイフル本田に至っては閉店時間は7時半です。印西市はやはり田舎だと実感する部分です。陽が沈むと印西市は異様な静けさにつつまれ、夏はカエルと虫の鳴き声しか聞こえません。24時間営業のコンビニはあるにはありますが、気軽に歩いていける距離にはありませんので、印西市での買い物行動時間は基本日中の時間帯に限られて来ます。

自分は、都内への進学と就職の都合で、印西の実家を出て、長らく松戸市に住んでいた事があります。アパートから歩いて5分以内の距離に、24時間営業のコンビニが4つあった生活を長らくしていたため、印西の実家に戻って来た際は、しばらくの間は苦痛でした。ビールは箱買いするようになりましたね。

印西市で暮らすには生活物資はまとめ買いが基本

印西市はとにかく広いです。

週末ともなると、印西市周辺からも買い物客が流入して来ますが、それでも都内や湾岸エリアのショッピングモールのように押し合うような混雑はしません。各店とも、駐車場の完備は徹底、充実しており、駐車スペースの有無をいちいち心配する必要はありません。

住むには超便利な街と言えるでしょう。

印西太郎
前の投稿
次の投稿

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。あまり間に受けないで下さい。

※旧URL・ドメインは転送が行われるよう今後も維持・管理して行きます。