ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2020年1月18日

祝☆チバニアン正式決定!!世界に輝く千葉県

更新日:2020年1月18日

千葉が地球史にその名を刻みます(´・ω・`)

去年の台風被害で凹んだ千葉県ですが、日本のノースダコタが世界に羽ばたく日がやって参りました。

すでにニュース等でご存知の方も多いと思いますが、千葉県市原市の養老渓谷で発見された未知の地質年代層が、国際機関により新規登録が可能なものと了承されました。これにより、以前から提案されたチバニアンが正式決定しました。

令和2年1月17日、韓国釜山で開催されたIUGS(国際地質科学連合)の理事会において、千葉セクション(市原市田淵の地磁気逆転地層)が前期ー中期更新世地質年代境界のGSSP(国際境界模式地)に決定されました! これにより、約77万4千年前~約12万9千年前(新生代第四紀更新世中期)の地質年代の名称が「チバニアン」と呼ばれることになります。

引用元:市原市公式サイト「 GSSP・チバニアンが決定しました! 」より
https://www.city.ichihara.chiba.jp/bunka/bunkabunkazaitop/gssp.html

地質や化石に興味のない方でも、学校の理科の授業で、ジュラ紀だとか白亜紀なんて習った記憶はあると思います。チバニアンは今から77万年前から12万年前の新生代の地球の一部の歴史になります。

チバニアンは現在知られる地球史で、直近で一番最後に地磁気逆転の起きた時代とも言われ、いろいろと研究価値の高いものとなっております。また、市原市で発見された地層は、国際的に認められた標準地層として、今後のまちおこしにも一役買いそうです。

千葉県民が海外へ渡航した際は、相手国の入管審査では…

チバニアンからやって来ました

と、ドヤ顔になり自信をもって大きな声で答えると良いでしょう。たぶん、素で審査はパスすると思います。

房総半島と言うと、内房や外房の海岸沿いばかり注目されがちですが、内陸はえらいワンダーで神秘的な場所となっております。日本のニュージーランドと呼んでも差し支えないでしょう。自分も幾度か養老渓谷を散策しましたが、海に囲まれた千葉の隠された意外な一面に息を呑む事でしょう。

何かの手違いで千葉県に転入、定住された方は、ぜひ、休日は養老渓谷に足を延ばして見る事をお勧めします。

ところで…

地上げ屋みたいな真似をしてチバニアンの登録妨害をしていた例の学者ですが、今頃は地団駄を踏みまくり、座布団の角でも食らいつきならがフンガーフンガーしているんでしょうかね。

あの性格からして、千葉憎しと何かやらかして来そうな予感がします。もう、アンチ千葉の急先鋒となり得る超危険人物です。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと言った感じに、千葉県のありとあらゆる名産品が攻撃の対象となる可能性があります。

そうなると、我が印西市の千葉ニュータウンも無関係ではありません。千葉県は全国に先駆けて、県外退去命令に関する条例を制定して、この学者の入県を拒否すべきでしょう。いや、もう本当に千葉県に来ないで欲しい。

ぶつくさと独り言をつぶやきながら、ひたすらピーナッツを指で押しつぶしていたり、梨を拳で叩き割る等、なんか本当にやってそうな気がします。

嫉妬に狂った学者は嫌ですねぇ。

関連リンク

印西太郎
前の投稿
次の投稿

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。あまり間に受けないで下さい。

※旧URL・ドメインは転送が行われるよう今後も維持・管理して行きます。