ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2020年2月6日

印西市民のための新型肺炎情報まとめ(真偽不明)

更新日:2020年3月22日

感染を防ぐにはどうすればいいの?

季節性インフルエンザや一般的な風邪と同じ対応で問題ありません。手洗いとうがいを徹底するだけで違います。また、新型コロナウイルスはアルコール消毒で退治できます。そして、マスクの着用です。一部報道によりますと、発病していなければマスクの着用は不要との情報もありますが、鼻腔や口腔の乾燥を防ぎ、感染のリスクを下げる意味から着用すべきでしょう。

眼鏡が曇るからマスクが嫌なんだとけ未着用はダメ?

潜伏期間であった場合、他人にうつす危険性もあります。市民の一人一人が、社会の一員として強い自覚を持ち、感染の拡大防止に進んで協力しましょう。いつも口元を緩んだ状態にしているアホな人は、満員電車や人混みでは迷惑です。お願いですから一生マスクをしていて下さい。後は、バランスの良い食事と十分な睡眠、快便を心がけ、病気になりづらい体づくりに留意しましょう。

感染したらどうなるの?

現在のところ特効薬も予防ワクチンもありません。感染したら対症療法しかありません。国内発病者は、いちおうコレで快方に向かう等、一定の効果が認められていますので、この点は医者を信じて頼る他ありません。なんだかんだ、日本の医療水準と衛生管理は世界的に見てトップレベルです。大丈夫です。よっぽど運が悪くない限り、新型肺炎で〇ぬ事はないでしょう。たぶん。

感染の有無を確認する方法はないの?

そのための検査キットを国が総力を上げて絶賛研究開発中です。一般の医療機関に回って来るのは絶望的なまで遅れる事でしょう。とりあえず、最寄りの保健所へ行くしかありません。ただ、連日連夜の報道を見ての通り、保健所はお役所仕事に徹しており、あきらかに濃厚接触者と思われる人を門前払いする等、まったく当てになりません。

つまり運次第なのか?

運悪く、来週あたり発病したら、担当した医師のカンに頼る他ありません。もっとも、すでにマスコミ報道されている通り、感染した場合の症状が具体的に周知、解説されていますが…だいだい、3個くらい該当したら新型肺炎と見て間違いないでしょう。咳や鼻水が止まらないだとか、発熱や倦怠感が数日以上も長く続いたら怪しいと言えるでしょう。

感染したらどうすればいいの?

現状、国内の発病者は少なく、行政による具体的な動きが見られません。印西市でも相談窓口の開設に留めているだけです。本格的に流行し始めたら、そのうち、コレコレこうして下さいと言った具体的な告知がされると思います。発病が疑われる場合や、適切な医療機関等の案内など、情報提供がされるものと思われます。今日から毎日、市のホームページを小まめにチェックしましょう。

いつまで流行が続くの?

専門家たちによる、おおむね一致した見解として、向こう3~4カ月の間にピークが訪れ、徐々に終息して行くものと言われています。残念ながら本番はこれからです。意外と日本国内の発病者は増えておらず、なんだ、大したことないじゃん的な風潮も生まれつつありますが、依然として予断は許されません。アメリカのとあるシンクタンクによると、世界的流行は不可避と予想されています。

なんでマスク売ってないねん?

マスクをハイテク工業製品か何かと思い込んでしまっている人が多くいます。マスクは誰でもかんたんに作る事ができます。自宅にミシンがあれば何枚でもガンガン縫って作れます。そのうち、奥様に花柄マスクを縫ってもらい、それを着用して通勤するのが珍しい光景でなくなります。〇婦の友社も自作マスクの特集を組んで紹介しないはずがありません。

東京オリンピックはどうなるの?

すでに小耳に挟んでいる人も多いと思います。ぶっちゃけ、開催は危ぶまれている状態です。現状、中国人と並んで日本人も入国規制の対象の方向で世界が検討、動きを見せ始めています。つい、二週間くらい前まで、日本の観光地で中国人の入店を禁止するお土産さんや飲食店が続出して物議を醸していましたが…今度は、我々日本人がそんな目に合わされる側になりそうです。

研究所から漏れ出た生物兵器なんて話があるけど?

デマです。信じなければ問題ありません。あまりおかしな噂をネット上に流すと警察がやって来ますよ。東南アジアのどこかの国では、感染するとゾンビになるとSNS上に流し逮捕された人がいます。日本もそのくらい厳しく取り締まって欲しいものです。本当に生物兵器ならワクチンも開発されているはずです。使用したら自分達まで自滅する兵器なんか開発する訳ないじゃないですか。

関連リンク

印西太郎
前の投稿
次の投稿

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。あまり間に受けないで下さい。

※旧URL・ドメインは転送が行われるよう今後も維持・管理して行きます。