ピンクの彼奴がいる印西市

元祖住みよさ日本一の都市
2019年1月13日

もはや自虐路線しか残されていない東京オリンピック

更新日:2019年1月13日

来るところまで来たなと言った感じです(´・ω・`)

先日からのニュース報道を通じて、すでに多くの方がご存知かと思いますが…

JOC会長である竹〇恒和氏が、招致活動の際、開催地決定権を持つ有力者を買収しようとした容疑で、フランスの司法当局が刑事訴訟の手続きに入った模様です。もちろん、本人は否定しておりますが、内容が内容だけあり、それなりの確証あっての動きだと思います。内容がないよ~♪なんて…いや、やめておきましょうorz

東京オリンピックの開催自体を危ぶむ声も聞かれますが、さすがに開催まで2年を切っており、現実的にそれはないと思います。これまでに開催されてきた大会でも、何らかの不正や疑惑は付きものでした。やはり、お金の集まるところには、こういった問題は付いて回るようです。

また、利権なんてものは雪だるまと一緒で、気づくと大きなものへ成長しているものです。

実際、今大会の開催費用も…

素で3兆円を超える見通しの前代未聞などんぶり勘定状態

となっており、当初掲げていたコンパクト五輪なるモットーはどこへ行ったのやら状態ですorz

個人的にも、最初は今までにない五輪大会になることを期待して支持をしておりました。たしか、竹〇恒和の息子さんって…何かのテレビで見かけた事があるんですが、社会正義を唱える憂国な論者だったような記憶があります。今はこの件をどう思って見ているんでしょうかね。

一部では、ゴーン会長の逮捕に対する報復なんて見方もされていますが…時系列的には、実は、こっちの方が先の事案のようですから関係ないと思われます。もっとも、ゴーン会長は仏国内においても庶民からは嫌われているようですし、さすがに…民主国家の元祖たる”おふらんす”がそんな事で報復なんてマネはしないと信じます。

とりあえず、東京五輪に反感を抱いている方は…

スマホの着信音はラ・マルセイエーズを大音量設定

でもしておきましょう(´・ω・`)

兎にも角にも、望むと望まざるとに関わらず、東京オリンピックは何が何でも挙行しなければならない…そんな後戻り不可能な現実問題を、今はしっかりと直視して受け止めなければなりません。ネット上の一部では五輪憎しと中止を望む声すらも見かけますが、だったら、変な方向へ持って行く方が得策な気がします。

思えば、大会ロゴのデザイン盗作疑惑に始まり、デザインした人の感性を疑うダサい制服、さらには、ブラックボランティア問題に都立高生学徒動員の発令。そして…とうとう汚職疑惑にまで発展した東京オリンピック。もう何が何だかワケワカメでカオスな状態です。

ぶっちゃけ、この先、何が起きて不思議でありません。

そのうち、JOC関係者が酔った勢いで「東京五輪はダメ、〇ね」とSNSに投稿するかもしれません。

印西太郎